2016/11/07

元気のでるコトバ  傲慢さと偏見

 

傲慢さと偏見

 

自分の中の傲慢さや偏見を見たくないのは

誰だってそうだ。

自分はフェアで誠実でありたいと、

あるいは、そう見せたいと思う人は多い。

けれども、そうでない部分が自分にあることを

認める勇気を持っているだろうか?

 

完璧に謙虚で偏見のない人間が

この世界にどれほどいるだろう。

自分はフェアで正しいと思う、

それ自体がすでに傲慢さの表れじゃないのかな?

 

だからこそ、謙虚で公正であろうと

常に心がける人でありたいと思う。

自分が時に、傲慢で、偏見を持っているということを

素直に認める勇気と共に。

 

そして、私の中にある、

傲慢さや偏見に気付かせてくる

私の周りの人々に、感謝できる自分でありたい。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です