Webライターの私が、仕事の時間を削って、マイブログを書くのって変かな?

 

 

こんにちは、ネパール在住、フリーランスライターの『みやちか』です。

最近、やっとwebライターの仕事もちょくちょくもらえるようなり、締め切りに追われることも増えてきました。

が、そうなると、逆に自分のブログを書く時間が少なくなってきます。

今日は、そんな私が、締め切りに追われる中、いつブログを書くのか、どうやってその時間を確保するのか、そして、何故、金にならないマイブログを続けるのか、そんな話しをしてみたいと思います。

 

 

Webライターの1日ってどんな感じなの?

 

昔々、20年以上も前、紙媒体ライターだったころは、会社に所属して、編集とライターを兼ねた仕事をしていました。途中、ネパールに移住し、宿を経営していて、ライター稼業はボランティア程度だった私が、宿を手放し、再びライター稼業でやろうと決めたのが昨年の夏のこと。

クラウドソーシングを活用すれば、海外在住でもライターの仕事が受けられると知ってからです(それまで、知らんかったんですよ。もっと早く知っていれば…)。

そんな新人webライターの1日をまずざっくり紹介しちゃいましょう。

 

AM06:30  起床

AM06:45M〜08:00  ヨガ&気功&太極拳タイム

AM08:00M〜10:00  朝ごはん、そうじ、洗濯などの家事

AM10:00M〜12:00  ワードプレスで前日のPVなどチェック、メールチェック、フェースブックチェック、クラウドソーシングのサイトで仕事チェック、前日に書いた原稿の見直しと校正および納品

PM12:00〜13:00  やっと原稿を書き始める。あるいは、原稿を書くための資料集め、記事の構成を考える

PM13:00〜14:00  遅めのランチ

PM14:00〜18:00  さっきの続き。原稿を書いたり、下調べしたり。だいたい、3時間で3000字〜4000字というペース。(目標は1時間2000字ですが、まだまだです)

PM18:00〜19:00  締め切りの原稿が終わらない時は、引き続き原稿。余裕があれば、買い物行ったり、散歩、カフェタイム。あるいは自分のブログを書く。

PM19:00〜20:30  夕食〜もろもろ片づけ

PM20:30〜23:00  ブログを書く、参加しているブログスクールでブログの勉強。ただし、締め切りの原稿を抱えている時は、ここも原稿

PM23:00〜23:30  就寝準備〜就寝

 

とまあ、こんな感じ。

ほぼ、一日中パソコンに向かってますね。月に1回の頻度で数日から1週間前後の出張の仕事が入ってますから、その間はパソコンに向かう時間は1〜3時間程度になってしまうんですが、それ以外はこんな風に一日を家で過ごしています。

ただ、パソコンの誘惑は強力です。他の人のブログを読み始めるとあっという間に1時間過ぎていてしまってることもよくあります(反省)。

 

 

後回しになりがちなマイブログ

 

こうやって書きだしてみると、普通の人に比べるとかなり書く時間はあります。というか、ほぼ一日中、原稿を書いて過ごしています。が、どうしても、お金をもらって請け負った仕事として原稿を書くのが優先になってしまいます。

それに、仕事で書けばお金がもらえます。その逆に、今の私のマイブログは、維持費を払って書いている状態。

そんなわけで、どうしても後回しになってしまいがちなマイブログ。

 

でも、こればっかりは、自分で、ブログを書く時間を確保するしかありません。そしてね、人間、本当にやりたいことであれば、時間を確保できちゃうものです。

ホテルを経営していた時の私の朝の出社時間は7時でした。でも、どうしてもヨガを続けたかった。だから、朝5:30に起きてヨガしてました。その分、夜は早く寝て。

 

自分で週に何日かはマイブログを書く日を決めちゃうこと。その時間すらとれないほど、仕事を請け負うのはやめればいいんです。

いや、フリーランスだから、そこは難しい決断なんですけどね。

だって、来月も同じように、仕事があるかどうかわからないのが、フリーランス。だから、仕事があるだけ全部請け負いたくなります。

でも、それやると、アラフィフの体力が持ちません。普段は若ぶってますけど、もう徹夜とか無理だし。(徹夜すると翌日と、翌々日くらいまで使い物にならなくなります)

ライターの仕事は、ほしい、でも、自分のブログを書く時間は最低でも週に2日くらいは、キープしたい。

だから、最低限のマイブログ更新のラインを決めちゃう。そして、それだけは死守する(気持ちで頑張る)こと。それしかないかなあと思います。

 

そして、その意思がくじけないために、オンラインのブログのコミュニティー『一緒にファンブログを作ったろ会』に参加を決意。

さらにお金を払って、自分にプレッシャーをかけてどうすんの! という感じではありますが、でも、そういうプレッシャーも時には必要だと思うのです。

 

 

 

私がマイブログに記事を1本アップするまでの流れ

 

それから、マイブログの書く本数を増やすために、もっと短い時間でマイブログの原稿を書けるようになりたいなと思っています。

実は、今のところ平均すると、マイブログに1本記事をアップするのに、5時間近くかかっています。

私が記事をアップするまでの流れはこんな感じになります。

 

ネタ帳からテーマをピックアップ

何を書くかというのは、普段からネタ帳みたいなのをつけていて、そこから、今日書くことを決めます。ネタ帳のネタは、すぐに使えそうなものから、下調べや内容構成に工夫が必要なものまでいろいろあります。だいたい、100本くらい、ただし、半分以上は、多分ボツで永遠に記事になりません。

 

テーマをもとに内容構成を組み立てる

仮のタイトルと仮の見出しを決めていきます。ここで内容構成がしっかりできてないと、途中で書けなくなったり、途中でまるっきり違う内容構成に変更したりして時間がかかります。私は、裏紙を使って、鉛筆で、軽くタイトル、見出し、そしてその見出しごとに書きたい内容を簡単に書いています。

ただ、この段階では、最後のまとめは決まってないことも多いし、書いているうちに落としどころが変わっちゃう時もあります。

 

パソコンで書いていく

ここまでしたら、パソコンで記事を書いていきます。

だいたい、ひとつの記事をあげるのに2〜3時間かかります。書き上げたら、最初から読み直して、矛盾がないか軽くチェックします。

 

写真を探す

外国ネタが多いので、その場合は、今まで自分のとった膨大な写真の中から記事にあう写真を探します。(無料サイトから探す方が検索がかけられるので、探す時間は短くてすみます)

これが意外と時間を食うのです。私は写真を時系列でしか保管してなくて、それがいけないのはわかってるんですけどね。(私は、写真のアプリはマックのphotosを使ってます)

テーマにあった写真を探すのに、1万枚以上ある膨大な写真から探すので、それに1時間以上かかることもしばしば。

その後、サイズの調節したり、切り取りしたりしていたら、さらに30以上かかることも。

これは、今後、改善したい部分ではあります。

 

いざ、ワードプレスに投稿

最後にワードプレスに投稿作業です。まだ、写真を入れたり、枠を入れたりするのに、慣れてないので、写真が少なくても15分から20分くらいかかります。

写真を10枚以上投稿する時は、もっと時間がかかります。だって、ネパールのネットのスピード遅いんですもの。アップロードのエラーが何回も出て、写真1枚アップロードするのに、10分以上かかることもあります。

そんなわけで、現在は、構成から文章を書き、投稿するまでに4〜5時間かかってしまっています。

これをなんとか3〜4時間にまでもっていきたいなあというのが、私の目標。

 

ただし、ここには、下調べの時間は含まれていません。ネタを集めたり、テーマを考えたりするのは、飛行機の待ち時間とか、バスに乗っている時間とか、カフェでまったりしている時などに行っています。

 

 

それでも、私がマイブログを続ける理由

 

こんな風に、マイブログに一本記事をアップするのも、まだまだ時間のかかる私ですが、それでも、やはり、マイブログを続けていきたいのです。

大変だけど、マイブログは、自分の色をめっちゃ出せる貴重な機会です。

普段は、クライアントさんのウエブサイトに掲載される原稿を書くわけですから、そのサイトに適した文章を書くことが求められます。みやちか節で書くわけにはいきません。もちろん、書くのは嫌いじゃありません。

でも、時には、がっつり、自分カラーで書きたいじゃないですか。そうでなければ、ストレスがたまります。

 

自分の署名入りでエッセイやコラムが書けるようになるまでは、頑張りますよ、マイブログで!

 

というわけで、今日はここまで。

って、なんか、全然、役に立つ情報が今日は提供できなかったような気がしますが、駆け出しウエブライターの現状はおわかりいただけたかなと思います。

そんなわけで、これからもマイブログ頑張ってまいりますので、ぜひ、また訪問してくださいね。

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です