元気のでるコトバ 「できない」から、始まる

 

 

「できない」から、始まる

 

ネパール人の言う「できる」って言う場合の度合いと、日本人が言う「できる」の度合いが、随分と違うということに気付いたのは、ネパールで仕事をするようになってからだ。

 

「できます」っていうけれど、それってちょっとかじった程度で言っちゃっていいの?特に仕事場においてはね。しかも、「自分はできているから、何も教えてもらうことはない」って態度ってどうなの?

自分はできている、わかっているって思い込むことって怖い。せっかくの学ぶ機会をそこで逃してしまう。

 

ただね、なんでもかんでも「〜だから、できない」ってやる前から否定的な態度をとるのも、どうかとは思う。「できない」って言う言葉自体、ネガティブだという向きもある。確かに、「〜だから、できない」という風に、しないことの言い訳に使う場合はそうかもしれない。

 

だからその逆にね、「〜だから」を「できない」の後ろに持ってきてみたらどうだろうって思うんだ。「〜だから、できない」から「できないから、〜する」に変換してみるってこと。

 

できないから、勉強する。

できないから、練習する。

できないから、人に質問する。

ほらね、「〜だから」を後ろにもってきただけで、すごく前向きになったと思わない?

 

「できない」と気付いた時、それで自分を否定するのではなく、「できない」という気付きを「何をするのか」を始めるきっかけにする。「できない」という自覚から始まること、きっとたくさんあると思うよ。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です