ニートな20代ネパリよ! 海外で働くネパール人に甘えることなかれ

 

 

ナマステ〜、ネパールからmiyachikaです。

ネパールで仕事をしている外国人の愚痴話になると、必ず出てくる言葉、

「ネパール人は働かない」「怠け者」。

でも、本当に、ネパール人って怠け者なの?

それって、ネパリに対する先入観だったんじゃないだろうか?

シドニーで、睡眠時間5時間で働くネパール人を目の当たりにして、

ネパール人は怠け者っていうネパール人観、見直さなくちゃな〜と思った私。

そして、方や、ネパール国内を見回せば、海外在住ネパリにぶらさがるニートな若者ネパリが見えてくる。

これで、いいのか、ネパール。

ニートな20代のネパリに告ぐ! 海外で必死に働くネパリに甘えるのもたかがいにしろ! って感じです。

 

 

姪っ子だけじゃなく、姪っ子の友人も、おごってくれたシドニー滞在

purse-1359848_1280

先日、姪っ子の結婚式に呼ばれてシドニーに行き、シドニーのアジア人の多さに驚いたという話をしました。

それ以外にも、実は、もう一つ驚いたことがありました。

それは、姪っ子はもちろんのこと、姪っ子の友人たちまでもが、一緒にどこかに行くと、交通費はもちろん、食費まで全部おごってくれようとすることです。

ネパールから出稼ぎに来ている、私よりも20歳以上も若い若者たち。中には、まだ学生って子もいて、大学行きながら、バイトしている状況。

日本人的感覚で行くと、いつもお金で困っているイメージじゃないですか?

苦学生的な?

それが、無理してるのか、なんなのか、いつもおごってくれようとする。

申し訳ないので、「いいよ、いいよ、無理しないで」というと、「シドニーに来た時くらいいいじゃないですか。ちゃんと稼いでいるから大丈夫」というのです。

 

 

睡眠時間を削って働くシドニーのネパリたち

bench-890045_1280

よくよく聞くと、みんな結構仕事を掛け持ちしてやっているようです。

姪っ子だって、昼間は会計事務所。夕方から夜にかけては学校の清掃の仕事をしているとか。

知らんかった〜。そんなに頑張っているとは。だって、一言もそんなこと言わないんだもん。

姪っ子の旦那になる子は、27歳だけど、大学生。彼なんてもっと大変。午前中から午後にかけて大学で講義を受け、午後遅くから夜まで仕事。そのあと、深夜から早朝にかけてはホテルの仕事だとさ。

一体、いつ寝るんじゃい?

と聞いたら、早朝仕事があけてから3〜4時間くらい、あとは、合間を見てちょこちょこ昼寝するって言ってました。

(しかし、ネパール人って見栄っ張りなんですかね〜。たくさん姪っ子の友人に会いました。結構みんな同じような状況だと思うんですが、掛け持ちで働いているとか、誰も言いませんでした。)

でもね、掛け持ちするのも当然っちゃ、当然です。

シドニーに行って思いましたが、とにかく物価が高いのです。東京より高い気がしました。外食も高いし、家賃も高い。

月の生活費、ぜいたくしなくても、部屋を誰かとシェアしても、簡単に10万円を越えそうです。それに加えて学費年間100万円以上。これらを仕送りに頼らずに、自分で稼ぐとなると、掛け持ちしますわな、当然。

 

 

ネパールに里帰りのスーツケースはいつだって重要オーバー

luggage-1436515_1280

働かないと学費が払えないからビザが更新できない、でもネパールにこのまま戻れば借金が残っちゃう人もいるでしょう。そういう追い込まれた状況になれば、頑張るしかないっていうのはあると思うんです。

でも、本当に頑張ってます。シドニーのネパール人。

そうして、自分の生活費を賄った上に、大抵の子たちは家に仕送りをします。ネパールに里帰りする時は、スーツケースはパンパンです。中身は自分の親や兄弟、甥っ子姪っ子たち、叔父さん、叔母さんへのお土産です。

しかもこの、お土産、空港で買った1000円のお菓子とかじゃないですよ。

スマホだったり、プレステだったり、時計だったり。

いや〜、太っ腹〜! というと、

「だって、弟がスマホ壊れて新しいのほしいって言われたから」とか言うんですよ。

弟って、うちの甥っ子ナビン君かい?

まったく、姉ちゃんにねだるな、甘えるな、自分で働け!  (って仕事続かないんだよね〜、ナビン。27歳だっつうのに。3ヶ月単位で仕事変えるなっ!)

姉ちゃんは、睡眠時間削って働いて、このスマホを買ったってわかっているのかわかってないのか。

このように、海外で必死で働くネパリのお金は、ネパールでザバザバと浪費されているのが現状なのでありました。

 

 

ニートな20代のネパリよ、海外のネパリにぶら下がるのはやめよう

sloth-407088_640

ネパールで職を得ても、月給は安い、日々の生活はキチキチです。だから、頼りたくなるのもわかるし、なんのかんの言って家族を見捨てないネパリです。

でもね、ネパールじゃあ職がないから〜とか、給料安いから〜とか文句言って、ニートしているネパリの若者よ。

海外で必死こいて働いている兄弟に金せびる前に、できる限りのことしてるの? と言いたい。

事故にあって緊急に手術必要とかさ、そういうことなら致し方ないけど、スマホ壊れたから買って〜とか(そのスマホだって、姉ちゃんに買ってもらって半年も経ってないし)新しいバイクほしいから金出して〜とか、甘えるにもほどがある!

村で農業しかしたことない、母ちゃん、父ちゃんと違って、あんたら、ちゃんと教育も受けさせてもらってるし、仕事だって選ばなきゃなんとか見つかる。そっから、這い上がって商売始める人だっている。

いやもちろん、いるんですよ。ちゃんと頑張っている人は。

でも、それと同じくらい、いや、それ以上にニートな若者も多いのです。

そんなはした金で働けるかって気持ちもわかるけど、だったら、自分のその行動の責任を自分でとって、金を人にねだるな!です。

もし、ネパール国内のニートの若者達が、自分たちのアイデアを生かして、シドニーで働くネパリほどのパワーで働いたら、ネパールの未来はもっとよくなると思うんだけどな〜。

というか、今のバブルと海外送金で経済が回っているネパールの状況は、非常に危ういのではないかと心配しているのですが。

だから、20代のニートネパリよ!

今こそ、立ち上がれ、立ち上がるんだ〜!

 

お前だ〜、ナビン!

 

と、心優しき叔母さんは、時々蹴りを入れるのでありました。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です