元気のでるコトバ コトノハ

 

 

コトノハ

 

経験を伴わない言葉は、

誰の心にも響かない。

 

言葉でだけなら、なんとでも言えるのだ。

自分の体を通して、行いを通して、歩き続ける姿を通して語られる言葉だけが、人の心を揺さぶる。

 

 

想いのこもらない言葉は、

誰の心にも届かない。

 

言葉だけを整えても意味がない。

心と裏腹な言葉は、弱々しく流れていくだけ。想いと言葉が一緒になったとき、言葉はイキイキとしたエネルギーとなって、人の心を動かす。

 

 

言葉があるからこそ伝わることがある。

 

言葉のせいで誤解を招くこともある。

 

言葉がない方が伝わることだってある。

 

 

それでも、私は、今年もやっぱり言葉を発していくのだ。

 

それは、大好きな人への愛情表現であり、

まだ見知らぬ誰かへの呼びかけでもあり、

何よりも、私という人間を表現する方法であり、

私が生きている証しだからだ。

 

 

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です